【離脱率とは】直帰率との違いやGoogleアナリティクスでの確認方法を解説

離脱率は、Webページからユーザーが離脱する割合を示す、Webサイトの分析に際して非常に重要な指標の一つです。

ただ、どの程度の数値が適正なのか、直帰率とどう違うのか、どう改善すればいいのかいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、離脱率の概要や、Google Analyticsでの確認方法、離脱率を下げるための方法を解説します。

【離脱率とは】直帰率との違いやGoogleアナリティクスでの確認方法を解説

離脱率とは

離脱率とは
まずは、離脱率の概要をご説明します。離脱率とは、対象ページの閲覧に対して離脱が起きた割合を指します。離脱とは、外部サイトへの遷移やページ閲覧の終了のことです。

離脱率が高いと、検索エンジンから「そのページに魅力的なコンテンツがなかった」と判断され、検索順位の低下も招きやすくなります。

もちろん、ユーザーは必ず離脱をするため、すべてのページの離脱率を下げることはできません。とはいえ、低いのに越したことはないため、後述する改善方法を駆使してできる限り下げることが大切です。

離脱率の計算方法

離脱率は以下の式で求められます。
離脱率=対象ページの離脱数÷対象ページのPV数×100
たとえば、10人のユーザーが特定のページを閲覧したとします。このとき、6人のユーザーは閲覧後にサイト内の別のページへと遷移し、残り4人のユーザーは別サイトへ遷移またはブラウザバックをしたとしましょう。

この場合、離脱率は「4÷10×100=40」なので、40%ということになります。

離脱率と直帰率の違い

離脱率と似た指標に「直帰率」があります。Webサイトのデータ分析に慣れていないと混合してしまうことが多い指標です。

直帰とは、訪問後に他のどのページへも遷移することなく離脱したセッションを指します。したがって、直帰率はサイト(ページ)訪問後に他のどのページへも遷移することなく離脱した割合のことです。

直帰率の計算式は以下の通りです。
直帰率=対象ページの直帰数÷対象ページから開始したセッション数×100
直帰率と離脱率はまったく異なる指標であることを理解しておきましょう。

Google Analyticsで離脱率を確認する方法

Google Analyticsで離脱率を確認する方法
Google Analyticsで離脱率を確認する方法をご説明します。Google Analytics上で以下の操作をすると離脱率を確認できます。
ページ:行動→サイトコンテンツ→すべてのページ
グラフの下にデータが表示されその中に離脱率の項目があります。一番上にある大きな文字で表示されている数値が全ページの平均離脱率、その下にあるのが各ページの離脱率です。
離脱率
また、デフォルトだとPVの推移が表示されているグラフも、離脱率の推移グラフに変更できます。変更方法はページ左上に「ページビュー」と表示されているプルダウンメニューを「離脱率」に変更すればOKです。
離脱率

離脱率の目安

離脱率の目安
離脱率は、メディア・ブログ・ホームページなどのサイトのタイプ、業種、コンテンツの役割によっても異なり、明確な目安が存在しません。あくまで自社サイトの過去のデータと比較して下がっていないかを確認するようにしましょう。

また、ページの役割によっては離脱率が高くても問題ない場合があります。離脱率の改善が不要なページと必要なページは以下のように分けられます。

離脱率の改善が不要なページ

離脱率の改善が不要なページは下記のとおりです。
  • 他サイトへの誘導
  • 購入完了やフォーム送信完了画面
それぞれのページを順番に解説します。

他サイトへの誘導

まず、他サイトへの誘導を主な目的としているページであれば、離脱率の改善は不要です。他サイトへ遷移するユーザーが増えれば増えるほど離脱率は上がりますが、それによって目的が達成されているため離脱率を下げる必要がないのです。

ただし、他サイトへの遷移以外の離脱が多いのであれば、コンテンツ自体や外部リンクへ誘導する導線の見直しが必要になります。

購入完了やフォーム送信完了画面

次に、購入完了ページ、フォーム送信完了画面に関しても、離脱率が高くても問題ありません。これらは、ユーザーが確認する最後のページである場合が多いため、必然的に離脱率は高くなります。

ただし、その後遷移させたいページへの内部リンクを設置している場合は、わかりやすいバナーやボタンに変更するなどで、離脱率の改善を図る必要があります。

離脱率の改善が必要なページ

上記以外のページは基本的に離脱率の改善が必要です。特に緊急度が高く、早急に離脱率の改善に対応するべきページは以下2つです。
  • 商品購入のカートやフォームの入力画面
  • PVが多いページ
ここでは、それぞれの特徴を解説します。

商品購入のカートやフォームの入力画面

まずは、商品購入のカートやフォーム入力画面など、CVページのひとつ手前のページです。これらは購入者が必ず通るページなので、離脱率の改善が問い合わせ件数の増加に直結します。当然閲覧者数が多いほど効果が出やすいです。

これらのページは問題が概ねパターン化されているため、問題点と改善施策がわかりやすいのが特徴です。詳しい改善方法については後述します。

PVが多いページ

PVが多いページの離脱率も改善が必要です。もともとPVが少ないページの離脱率を改善してもインパクトは小さいですが、すでにある程度のPVがあるページの離脱率を改善できれば、サイト全体のPV数の底上げにつながります。サイト全体のSEO評価も上げられるでしょう。

離脱率を改善する方法

離脱率を改善する方法
離脱率の具体的な改善方法には以下のようなものがあります。
  • コンテンツの追加・見直し
  • 内部リンクやCTAの追加・見直し
  • EFO
  • ページスピードの改善
それぞれ順番に見ていきましょう。

コンテンツの追加・見直し

まずは、コンテンツの追加や内容の見直しを行いましょう。改善するべきポイントはコンテンツによって異なりますが、タイトル・ディスクリプション・リード文の3つは、修正の手間が少なく改善による効果が見込める可能性が高い部分です。
タイトル:メインコンテンツの内容とマッチするもの
ディスクリプション:メインコンテンツに書かれている内容の要約
リード文:メインコンテンツに書かれている内容の要約・解決できる悩み
上記のように設定しておくと、少なくとも「書かれている内容を把握する前に離脱」というユーザーは少なくなります。

メインコンテンツも、ユーザーの悩みに添えているか、的確な答えになっているか、情報量は十分か、読みにくくなっていないかなどを見直します。分析の際、ヒートマップを使用すると離脱ポイントがわかるので便利です。

内部リンクやCTAの設置や改善

別ページへ遷移させる導線を作るのも、離脱率改善する1つの方法です。具体的には、内部リンクやCTAの設置・改善が有効です。

まず、内部リンクを設置する際は、検索ニーズが近いクエリのコンテンツへ内部リンクを送るようにしましょう。例えば「Web 集客」というキーワードでコンテンツを作成するなら、「Web 集客 ツール」「Web マーケティング」などのキーワードで作られたコンテンツへの内部リンクを設置するということです。

併せてCTAに関しても、見直してみましょう。すべての記事で同一のCTAを設置しているメディアが多く見られますが、これではあまり高い効果は見込めません。ジャンルやカテゴリー、ニーズに合わせた適切なCTAを設置することで、初めて導線としての役割を果たします。

EFO

EFOとは「エントリーフォーム最適化」のことであり、端的に言えばお問合せフォームの改善を指します。EFOの具体例は下記のとおりです。
  • ユーザーの入力項目を減らす
  • 必要情報のみに絞る
  • 入力補助機能を搭載する
入力する項目が多いとユーザーがストレスを感じてしまい、結果離脱率を上げる大きな要因となります。不要な入力項目は極力省くようにしましょう。たとえば、メールでのやり取りのみでサービスが完結するのであれば、住所入力や電話番号入力は必要ありません。

必要な情報が多い場合は、入力補助機能を使用してユーザーの負担を軽減しましょう。

ページスピードの改善

ページスピードの改善にも取り組みましょう。ページを遷移する際の読み込み時間があまりにも長いと、ユーザーの読みたい気持ちが薄れ、離脱率が上がってしまいます。

ページスピードの改善方法としてすぐに取り組めるのは、「画像最適化」「プラグインの削除」「不要ソースコードの削除」の3つです。

なお、近年はスマホユーザーが圧倒的に多いため、PCでの表示速度よりもスマホでの表示速度の改善を優先しましょう。

離脱防止ツール・TETORI(テトリ)

本記事では、離脱率の概要や直帰率との違い、具体的な改善方法を解説してきました。内部リンクやCTAの設置、ページスピードの改善をすることで、ある程度離脱率は下げられるはずです。

さらに離脱率を下げたい、改善の手間を軽減したいという場合は、「TETORI(テトリ)」を利用してみてはいかがでしょうか。TETORI(テトリ)は離脱防止に特化した機能を持つWeb接客ツールです。

ユーザーが離脱操作をした際に、ポップアップを表示して引き止めてくれます。スマートフォンやタブレット、パソコンと、デバイスを問わず様々な離脱条件に対応。細かなシナリオを組み合わせて、特定条件でのみポップアップが表示されるように設定も可能です。

また、ユーザー情報を自動で分析し、各ユーザーに最適なポップアップを表示できます。

月額1万円から導入でき、無料のお試し利用も可能です。ご興味があればまずはお気軽にご相談ください。
離脱率でお悩みならTETORI(テトリ)の活用をお勧めします