CTAとは?クリックしたくなるボタンやテキストの作り方を徹底解説

Webサイトからのコンバージョン率を高めるためには、ユーザーにとってもらいたい行動を適切に誘導する必要があります。そこで重要になるのがCTAです。

本記事では、CTAの目的やクリックしたくなるデザイン・テキストを解説するとともに、CTAの成功事例を3つご紹介します。

CTAとは?クリックしたくなるボタンやテキストの作り方を徹底解説

CTAとは

CTAとは
CTAとは「Call To Action」の略語で、日本語では「行動喚起」と訳せます。ユーザーに対して行動を促すボタンやテキスト、画像のことを指す言葉です。

例えばサイトに訪れたユーザーに資料請求をしてほしい場合、「資料請求はこちら」などと書かれたボタンがCTAとなります。Webサイトからのコンバージョンを増やすために欠かせない要素です。

以下でCTAの目的や必要性について詳しく見ていきましょう。

CTAの目的

CTAの具体的な目的は、ユーザーに購入や資料請求・お問い合わせなどのアクションなどをとってもらうことです。Webサイトやオウンドメディアを運営する目的の大半は、集客や売上の増加であり、CTAはその目的を達成するための手段の1つとして有効です。

顧客へのアクションを促したい場合には、CTAの設置が必須だと言えるでしょう。CTAの設置1つでCVRが大きく改善することも珍しくありません。

CTAが必要な理由

CTAが必要な理由は、購買意欲が高くないユーザーへの呼びかけが必要であるためです。購買意欲が高くないユーザーは、商品を比較検討しても購入に至らなかったり、そもそも購入する必要性を感じていないことがあります

そういったユーザーに対してCTAで訴求することで、「自分に必要な商品である」と思ってもらい、結果購入に繋げることが可能です。もちろん、購買意欲がすでに高いユーザーの背中を押す意味でも有効です。

クリックしたくなるCTAの作り方

クリックしたくなるCTAの作り方
CTAは、ただ設置すればいいというわけではありません。文言・ビジュアルを工夫し、ユーザーが行動を起こしたくなるよう適切に訴求することが大切です。ここでは、クリックしたくなるCTAボタンやテキスト、設置場所をご説明します。

クリックしたくなるCTAボタン

魅力的なボタンがあり「思わずクリックしてしまった」という経験がある方もいるのではないでしょうか。実際に、ユーザーにクリックされやすいボタンの色やデザインというものがあります。クリックしたくなるボタンの色やデザイン、テキストについて見ていきましょう。

CTAボタンの色

CTAのボタンの色は、一般的に「緑」もしくは「オレンジ」のいずれかがクリックされやすいと言われています。

しかし、これはあくまで一般的な話であり、商材や業種によっても異なります。そのため自社のWebサイト内でA/Bテストを行い、最もクリックされるボタンの色を分析することが大切です。サイトによっては緑やオレンジかもしれませんし、もしくは赤や青のケースもあるかもしれません。地道な作業はありますが分析を繰り返しましょう。

CTAボタンのデザイン

CTAボタンのデザインで必ず押さえておきたいのは以下の2点です。
  • 目立つ
  • クリックできることがわかる
まず、CTAボタンが小さかったり視認性が悪かったりすると、気づいてもらえない可能性があります。大きさ・形状などを目立つように工夫しましょう。

次に、CTAボタンをクリックできることが直感的にわかるようにします。CTAボタンの色をグラデーションにしたり、影を付けたり、マウスオーバー効果を付けたりするのが有効です。

このほかに、ターゲットのイメージに近いモデル写真を使用すると、心理的ハードルが下がりクリックしやすくなる可能性があります。画像はテキストより多くの情報を詰め込めるので、伝えたいことをテキストだけで表現しきれない場合は使用してみましょう。

クリックしたくなるCTAテキスト

CTAボタンのテキストは、大きく、「マイクロコピー」「ラベリング」に分類できます。マイクロコピーとはCTAボタンの上に設置するテキスト(コピー)のこと、一方ラベリングとは、ボタン上に表示されるテキストのことです。

マイクロコピーには「無料」「格安」といったユーザーへのメリット、ラベリングには「購入は〇〇から」といったテキストが入るのが一般的です。デザインだけでなく、これらのCTAテキストもクリック率に大きく影響します。

以下3つのポイントを押さえて、クリックしたくなるCTAテキストを作成しましょう。
  • メリットが明確
  • 緊急性を伝えている
  • ユーザーの心理負担を減らしている

メリットが明確なCTA

まず、メリットが明確なCTAはクリックされやすいです。たとえば、海外の「Indie Aisle」という電子書籍の自費出版サービスでは、「sign up publish for free(登録して無料で出版)」というCTAテキストが使われています。

これを見ただけで「無料で本を出版できるサービスがある」という自分にとってのメリットが明確にわかります。他のコンテンツを読まなくても理解できるため、「よくわからなくて離脱」という状況を最小限に抑えられ、クリック率も向上します。

緊急性を伝えるCTA

緊急性を伝えるCTAテキストとは、「今だけ50%OFF」「あと〇時間でキャンペーンは終了します」などです。

ユーザーの中には、強い興味を持っているものの、購入する商品を決めきれなかったり、先延ばしにして結果購入に至らなかったりする人も多くいます。限定性や緊急性を伝えるCTAテキストは、こういった人に焦りや特別感を与え購買意欲を高めてくれます。

ユーザーの心理負担を減らすCTA

ユーザーの心理負担を減らすCTAテキストとは、「完全無料」「簡単3ステップで完了」などです。

「申し込んでみたい」と思っているユーザーも、心のどこかに「勝手に有料プランに移行してしまうのでは?」「登録に時間がかかったら嫌だな」などという気持ちがあります。

こういった心理的な障壁をCTAテキストで解消してあげると、ユーザーは安心しクリックしやすくなるのです。

クリックしたくなるCTAの設置場所

CTAは無闇やたらに設置してもなかなかクリックしてもらえません。デザインやテキストと同じくらい設置場所は重要です。下記3つの場所に設置するのがおすすめです。
  • コンテンツの一番下に設置
  • 固定のフッターを設置
  • コンテンツ中に設置
それぞれ順番に見ていきましょう。

コンテンツの一番下に設置

最も一般的な設置場所がコンテンツの一番下です。コンテンツで悩みが解決したユーザーに対して、最後に「おすすめの商品はこちらのページにあります」と訴求するストーリーになります。

コンテンツが読了されることが前提になるため、比較的短めのコンテンツ・質の高いコンテンツの場合に有効です。

固定のフッターを設置

フッターに固定のCTAを設置するのもよく採られる手法です。お問い合わせページや購入カートページ以外のすべてのコンテンツで表示されるように設定します。

一括で設置・改変ができるため、設置やメンテナンスに手間がかからない点がメリットです。

コンテンツ中に設置

コンテンツの適所にCTAを設置するのも有効です。ユーザーの購買意欲が高まる箇所に設置するとクリックされやすいでしょう。LPなどの縦に長いコンテンツで効果的です。

成功しているCTAの事例

成功しているCTAの事例
ここまで、魅力的なCTAについて解説をしてきました。ここからは、成功しているCTAの事例を解説します。
  • Amazon
  • Netflix
  • Slack
それぞれ順番に見ていきましょう。

Amazon

AmazonのCTAは、アイコン+テキストで構成されていることが特徴です。「カートに入れる」「購入する」のシンプルな2つのCTAのみが設置されているため、ユーザーが次に取るべき行動がわかりやすくなっています

また、サイト全体が白をベースにしているのに対し、この2つのボタンだけオレンジ系の色となっているため目立ちやすいのも特徴です。

Netflix

NetflixのCTAは、黒の背景に赤いボタンという、ユーザーがひと目で認識できる配色になっています。ボタンのサイズも大きいため非常に目立つCTAです。

CTAテキストは「30日間無料で始める」となっており、ユーザーの心理負担の軽減、明確なメリットの提示がされています。

Slack

SlackのCTAは、「Slackを始める」といったシンプルなボタンが設置されています。ボタンの色はSlackのブランドカラーである紫で統一されています。

amazonと同じく全体の背景が白であるため、そこに強調色である紫が使用されていることで、CTAの位置がわかりやすくなっています。

TETORI(テトリ)でCTA改善

本記事では、CTAの概要や設置の重要性を解説してきました。CTAは単に設置すれば効果があるわけではなく、ユーザーのメリットを提示したり、ときには緊急性を示して行動喚起することが大切です。

ただし、様々な工夫をしてみても、なかなかクリックにつながらないケースもあるでしょう。そういったときは、ポップアップによるABテストが簡単に実現できる「TETORI(テトリ)」を利用してはいかがでしょうか。
CTAボタンの名称やカラー、アクションを促す訴求テキストなど、ポップアップでスピーディにABテストを行い、効果が高いものをWebサイトに実装する、という活用方法が可能です。
また「TETORI(テトリ)」の場合、ユーザーの属性や行動履歴によって、表示させるポップアップの出し分けができるため、Webサイト単体では認識が難しい特定のユーザーに最適なポップアップを表示することで、コンバージョンアップが期待できます。無料お試しや資料請求もあるので、まずはお気軽にお問い合わせください。
CTAでお悩みならTETORI(テトリ)の活用をお勧めします